1972創業、障害者雇用のパイオニア 社会福祉法人 東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
アクセシビリティ サイトマップ リンク トップページ
文字サイズ標準大

洗濯(第2回)
-洗濯物の干し方-

2015年11月30日  縫製工場 発

-洗濯物の干し方-

洗濯物の干し方は大まかに日干し・陰干し・部屋干しの3つがあります。この3つについてお話させていただきます。

洗濯物を干す女性日干しは直射日光と風を洗濯物に当てて乾かす方法。利点としては短時間に乾く、紫外線による殺菌効果を期待できるなどです。デメリットとしては退色・変色が起きやすい、生地の傷みや劣化が起きやすいなどが挙げられます。日干しに向くアイテムとしては淡色のタオル、下着、靴下などで、変色などを気にせずにすむ物に限られます。

陰干しは直射日光を遮った屋外で干し乾かす方法。メリットとしては日干しほどではないが乾燥時間も短くてすみ、多少の紫外線による殺菌効果も期待できる。デメリットとしては家庭の屋外で陰干しの環境を作ることは容易ではないということでしょう。ベランダに屋根を付けたり、木陰を探して干すのはむずかしいですね。アイテムとしては、ほとんどの衣類はこの方法で乾かすのが良いでしょう。色の濃いものは裏返しにして干してください。変色防止になります。

最後に降雨時や外に干しづらい物を屋内に部屋干しします。この時に大事なのが「干し切る・乾かし切る」こと。ご存じのとおり生乾きですと嫌な臭いを発したりしますが、これは洗濯機の洗濯槽の裏側に付いている菌やカビなどが洗濯物に移り、短時間に乾燥しない洗濯物に繁殖しておきます。部屋干しでは扇風機を利用し、洗濯物の間隔を5cm以上空けることで乾かす時間が1/4になるとの検証結果もあります。また、市販の部屋干し用洗剤を利用するのも効果的です。



▲ページの先頭へ戻る