1972創業、障害者雇用のパイオニア 社会福祉法人 東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
アクセシビリティ サイトマップ リンク トップページ
文字サイズ標準大

防災アドバイス

家を安全スペースにするための必需品

地震から大切なわが家と家族の身を守るため、備えておきたい防災用品の一例です。
ご家庭の環境を考慮して揃えましょう。いざという時にあわてないよう、使い方や設置場所を把握しておくことも忘れずに。

わが家のイラスト

火災警報器 / つり下げ式照明器具の補強 / ビン類落下の防止 / 常備灯非常用ローソク / 粘着耐震ゴム / ピアノ転倒防止具 / 防炎カーテン / ガラス飛散防止フィルム / ヘッドライト / 救急セット / 避難はしご / 簡易消火具 / 避難セット / 家具転倒防止器具 / とびらロック / 消火器 / 三角消火バケツ 飲料水容器としても使えます。 / 家具転倒防止板 / 難燃カーペット

※地震のゆれを感じたら、丈夫なテーブルの下に入り、テーブルの脚をつかんで安全態勢をとる。

避難生活のための備え

  • 非常用品、食料、飲料水などは、家族構成を考えて最低3日分を備え、置き場所を決め、半年に一度は点検を。
    飲料水は1日3リットル(1人分)を目安に。
    食料は保存性のよいものを、赤ちゃんやお年寄りのことも考えて。
    携帯炊事用具も忘れずに。
  • 照明器具は長時間使用できるものを、すぐ使える場所に置く。
  • ラジオや懐中電灯の電池切れに注意し、予備電池の用意もしておく。
  • 救急薬品は外傷治療用を中心に、服用中の薬も忘れずに。
  • 落下物から身を守る、防災頭巾やヘルメットは1人に1つ。
  • 衣類、必需品はすぐ持ち出せるところにまとめておく。
  • 簡易トイレは災害時の必需品。

災害時のための心得と災害時の行動

  • 日頃から消火器具の点検、非常持ち出し品などの整理を心がける。
  • 災害時の避難場所、連絡方法を決めておく。
  • 幼児や老人の避難、安全は誰が責任をもつかなど家庭の役割分担を決めておく。
  • グラッときたら、まず、わが身の安全を確保! 火が出たら、揺れがおさまってから消火。ガスの元栓を締め、電源は必ず切る。
  • 戸を開けて脱出口を確保する。揺れがおさまるまで外に飛び出さない。
  • 戸外では頭を保護し、危険から身をさける。
  • 避難は徒歩で、持ち物は最小限に、身軽に行動できるようにする。
  • デマに惑わされず、正しい情報で行動。

>>次のアドバイスに進む